水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の口コミ評判、使い方やお手入れ、効果も中古もチェック

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)を徹底分析!水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の使い方や口コミ、専用液、電気代、価格や値段等も含むランニングコスト、水素濃度や流量の違いを明確し、消費者の目線でまとめました。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の特徴

こんにちは

水素温活士の大河内です。

本日は、他社の商品をもっと知るために研究してみたいと思っております。

すごい商品があったら私も代理店になって販売したいと思っておりますので、できる限り、客観的に比較してみたいと思います。

今回紹介するのは、水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)です!

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の特徴は3つ。

  • 水素水を飲めるほか、水素ガス吸入もできる
  • 耐熱性の高い素材で水だけでなくお湯を入れてもOK
  • ユニークなロケット状のデザイン

となります。クリーン機能を搭載しており、電極が汚れにくくお手入れがカンタンなのがうれしいポイント。また、水素発生中にサーバー本体を持ち上げたり水を入れない状態で電源スイッチを押してしまったりしても、自動で電源が切れるなど誤作動を防ぐ安全設計になっているのため、はじめて水素家電を扱う方にも安心です!

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の商品スペック

製品名 水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)
カラー ゴールド
水素ガス発生量 10,000ppm以上
水素ガス濃度 38000ppm
溶存水素濃度 430~860μg/L
電源 ACアダプタ / 入力AC100~240V 50~60Hz
セット カニューレ・飲用カップ
サイズ 高さ204 × 幅150 × 奥行110 (mm)
水素生成時間 3分/30分

【POINT】ユニークなデザインでオモチャのようにも見えますが、電極にはチタンメッキとプラチナを採用しており、水素ガス発生量10,000ppm以上(販売元のサイトでは約20,000ppmと記載)としっかりした水素吸入ができるようです。

新品のおすすめ購入先

以下のバナーをクリックすると楽天で一番安いページにいけます。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の使い方

  1. 充電する
  2. 水素生成ボタンを押す
  3. 水素水を飲む。水素ガスを吸入する

使い方はとっても簡単! ボタンひとつの操作で水素吸入や水素水生成ができるので、機械が苦手な方でも届いたその日から問題なくお使いいただけるでしょう。なお、水素生成時間は、3分と30分で選べるようです。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の気になるランニングコストはいかに!?

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)は特に付属品などについてインターネット上で情報がないようです。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)のオプション品の交換頻度目安

公式サイト交換部品の費用については公式サイトに記載がないため、不明です。このあたりは載せておいてほしいものですね。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の機能性能徹底分析

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の水素発生量

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket) 10,000ppm以上(約20,000ppm) それなりの水素発生量ですが、リタエアーには及ばず

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の水素発生方式

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket) 不明 公式サイトなどに明記がありません。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の購入予算・価格・値段は?

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket) 330,000円(税別) 金額だけで比較すると、引き分け!

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の毎月のランニングコストは?

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket) 不明 交換頻度の目安以外に、具体的に水素発生部と内臓電池の価格については公式サイトにも明記されておりません。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)のお手入れのしやすさは?

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket) 不明 特に記載がないため、懸念点といえます。

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)の口コミは?

見つけ次第、ご報告を致します。

「水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)」の機能性能を分析してみた結果は?

水素吸入器・水素サーバー ロケット(Rocket)はインターネット上での情報がかなり少ないため、長く使用することを考えると部品の交換などメンテナンス面での情報がもっと欲しいですね。

消費者はこの2つの商品でどう悩むでしょうか?

基本、別ものなので、どっちも購入するという結論になると思います。

 皆様は、いかがでしょうか?

是非、商品を選ぶ際の参考にしてみてください。

水素吸入器リタエアーレンタルキャンペーン

ご成約プレゼント

『3ヶ月分の専用精製水』

水素吸入器リタエアーのレンタルはこちら

関連記事

  1. Q22:リタエアー の付属品・オプション品の購入方法は管理画…

  2. コロナによる自粛疲れとメンタルクライシス・メンタルハック

  3. リタエアー 格安購入Yahooショッピング店(PayPay購…

  4. 高濃度水素吸入器(HHOガス)スイフィール(suifeel)…

  5. 「水素ガスでガンは消える!?」の著者、赤木純児先生の病院が熊…

  6. 水素ガス生成器リタエアー体験センターが2020年恵比寿ガーデンプレイス18階にオープン

    東京都渋谷区恵比寿|JR恵比寿駅の水素吸入器リタエアーお試し…

 

最近の記事

  1. リタエアーの水素濃度測定や水素研究について
PAGE TOP